【CSS】word-wrapとbreak-wordの違い

「word-wrap」と「word-break」は、文字列を折り返すために使用されるCSSのプロパティです。 しかし、それぞれの違いがあります。

「word-wrap」は、文字列が要素の横幅を超えた場合に、文字列を折り返すかどうかを指定するために使用されます。 「word-break」は、文字列が要素の横幅を超えた場合に、文字列をどのように折り返すかを指定するために使用されます。

「word-wrap」には「normal」、「break-word」、「anywhere」が存在します。 「normal」は単語の境界でのみ折り返し、「break-word」は文字列の途中でも折り返し、「anywhere」は文字列の途中でも折り返し

「word-break」には「normal」、「break-all」、「break-word」、「keep-all」が存在します。 「normal」は単語の境界でのみ折り返し、「break-all」は文字列の途中でも折り返し、「break-word」は文字列の途中でも折り返し、「keep-all」は文字列を折り返さない

「word-wrap」は一般的にサポートされていないプロパティであるため、「word-break」を使用することが推奨されます。 「word-break」を使用すれば、より柔軟に文字列を折り返すことができ、より一般的にサポートされているため、「word-wrap」に比べ汎用性が高いです。

どちらも文字折り返しを行うために使用するCSSのプロパティですが、使用する際は適切なプロパティを選択し、正しい使い方をすることが重要です。 「word-wrap」は非標準的なプロパティであり、その使用には注意が必要です。

「word-break」は一般的にサポートされており、多くのブラウザで使用することができます。 特に、「word-break:break-word」を使用することで、文字列を強制的に折り返すことができます。 「word-wrap」より「word-break」の方が汎用性が高いと言えます。

以上、「word-wrap」と「word-break」の違いについて説明しました。 参考にして頂ければ幸いです。