【CSS】positionːrelativeの使い方

「CSS」では、「position:relative」を指定することで、要素の位置を相対位置で指定することができます。「position:relative」を指定すると、要素はその基準となる位置を保持しつつ、「top」「left」「right」「bottom」の値によって移動することができます。

例えば、以下のように「position」プロパティに「relative」を指定し、「top」「left」の値を指定することで、要素を相対位置で配置することができます。

div {
    position: relative;
    top: 20px;
    left: 30px;
}

このように指定することで、その要素に対して、「top:20px」「left:30px」という相対位置が指定され、その要素が存在している場所から「top」方向に20px、「left」方向に30pxずらすことができます。

「position:relative」は、要素を相対位置にするために使用することができます。「position:relative」を指定した要素に対して、「top」「left」「right」「bottom」などのプロパティを指定することで、要素を相対位置に移動することができます。